「Javaを復習する初心者」が一言

「Javaを復習する初心者」が一言します。メインは「http://java-beginner.com/」

Javaで「Hello World.」

最初ですので、Javaで「Hello world.」を出力するソースを記載します。

一般的な「Hello world.」

一般的にJavaで「Hello world.」と言ったら以下のソースだと思います。


上記のようにprintlnメソッドに直に文字列が記載されているソースです。

String型変数を使って「Hello world.」

そこで気になったのですが、Javaでは文字列は特別な扱いがされていて、ダブルクォーテーションで囲まれた文字列からString型のインスタンスが生成されるのです。なので、以下のように一度String型変数に格納する「Hello World.」があっても良いのかなと。

StringBuilderクラスで「Hello world.」

あえて、StringBuilderクラスを使い、少しずつ文字列を追加してから表示するという方法もあります。


char型で「Hello world.」

それではクラスなんて使わないで、「Hello World.」してくれなんて言われたらどうしましょうか?例えば以下のようにします。

char型はプリミティブ型なんです。一文字格納できます。だから上記のように配列にします。

byte型で「Hello world.」

ではbyte型ではできないのかというと、可能です。以下のようにするとできます。

要するに文字コードです。

printメソッドで「Hello world.」

printメソッドは改行されません。printlnの代わりにこのメソッドを使う方法もあります。


printfメソッドで「Hello world.」

printfメソッドでは書式文字列を指定して、出力ができます。



上下反転で「Hello world.」

Unicodeを駆使し、上下反転で「Hello world.」を表示するということもあるかもしれません。


「˙ploɹM olləH」と表示されます。

Javaアプレットで「Hello world.」

Javaアプレットで文字列を出力することができます。


f:id:java-beginner:20160808162148p:plain

Java Swingで「Hello world.」

SwingというGUIがあります。ラベルを設置し文字列を出力することができます。

f:id:java-beginner:20160808213533p:plain

JavaFXで「Hello world.」

JavaFXというGUIがあります。ラベルを設置し文字列を出力することができます。

f:id:java-beginner:20160808220123p:plain